シニアのためのWEBカメラ入門サイト - 画素数
シニアのWEBカメラ入門
シニアのWEBカメラ入門 >

画素数


画素数とは、どれだけ細かい映像を配信できるかの数値になっています。この画素数の数値が高ければ高いほど、高画質になりきれいな映像をうつすことができます。

つまり、10万画素のWEBカメラよりも、30万画素のWEBカメラの方がきれいな映像を楽しめることになります。

WEBカメラを購入するときは、必ずこの画素数を参考にするようにしてください。パッケージの裏などに「○○画素」と必ず書かれているはずです。

「30万画素CCDカメラ」「30万画素CMOSカメラ」など、同じ画素数でもイメージセンサーのタイプによって画質もかわります。

私は30万画素のCMOSタイプのWEBカメラを購入して、画質の悪さに後悔したことがあるので、CMOSタイプはあまりおすすめできません。

しかし、最近では130万画素のCMOSタイプのWEBカメラの発売されているようです。

どのぐらいの画質なのか購入して試してみたい気もします・・・。