シニアのためのWEBカメラ入門サイト - WEBカメラのUSBコネクタを接続
シニアのWEBカメラ入門
シニアのWEBカメラ入門 >

WEBカメラのUSBコネクタを接続


ソフトのインストールが完了したら、パソコンを再起動してWEBカメラを接続します。

WEBカメラはUSBタイプのものがほとんどですので、パソコンにUSBコネクタを差し込めば接続ができます。

USB
USBコネクタ

USBコネクタはひらべったい長方形のコネクタで、下のようなマークもついています。

USBのマーク
USBマーク

パソコン側にもこのUSBコネクタを接続できる長方形の接続口(USBポート)を探します。USBポートの横には先ほどのUSBのマークが書かれている場合が多いので、探しやすいと思います。

USBポート
USBポート

パソコン側にUSBポートを見つけたら、そこにWEBカメラのUSBコネクタを差し込みます。

コネクタを差し込む
パソコンとの接続

USBコネクタには裏表がありますので、差し込むときにコネクタとポートの形をよく確認するようにしてください。

正しい方向ならば力はいらずに簡単に差し込めますので、間違った向きで無理やり差し込まないように気をつけましょう。

私の購入したQcam Pro4000では、ソフトをインストールしてパソコンの再起動した後も、自動でダイアログが出て接続の手順を解説してくれます。

他にも、ソフト側で親切に教えてくれるWEBカメラがあると思いますが、基本的にここで紹介したつなぎ方と同じになります。

パソコン側のUSBポートをみつけることができれば、きっと接続できるはずですので、頑張って接続してみてくださいね。