シニアのためのWEBカメラ入門サイト - パソコンとの接続タイプ
シニアのWEBカメラ入門
シニアのWEBカメラ入門 >

パソコンとの接続タイプ


パソコンとの接続はUSB(ユーエスビー)タイプのものがほとんどです。

このUSBにはUSB1.1とUSB2.0というものがあり、USB2.0の方が高速でデータを送ることができます。

最近ではUSB2.0に対応したWEBカメラも出ていて、高速で映像のやりとりができるため、より高画質の映像が楽しめます。

WEBカメラをパソコンにどうやって接続するのかを確認するには、パッケージなどの動作環境という部分をみます。そこに、接続インターフェース:USBなどと書かれていると思います。

インターフェースとは接続方法のことで、この場合は「パソコンとUSBによって接続します。」ということです。

あなたのパソコンにUSBポート(USBコネクタを接続する場所)が空いていない場合は接続できませんので、注意してください。

空いていない場合でも、パソコンとWEBカメラの間に、USBハブというものを接続することで、USBポートを増やすこともできます。

USBタイプ以外には、IEEE(アイトリプルイー)という接続方法のものもあり、より高機能のカメラに使われていることがあります。