シニアのためのWEBカメラ入門サイト - WEBカメラとはなに?
シニアのWEBカメラ入門
シニアのWEBカメラ入門 >

WEBカメラとはなに?


WEBカメラは、下の写真をみてもらうと分かりやすいと思います。

USB

この写真では液晶のディスプレイ(画面)のうえにWEBカメラをとりつけています。このようにWEBカメラはパソコンにつないでつかいます。

まずは「WEBカメラ」という言葉をばらしてみていきましょう。

WEBとは、World Wide Webの略で、簡単にいうとインターネットのことを意味しています。

カメラとは、旅行をいったときに記念写真をとるカメラや、運動会などの映像をとるホームビデオ用のビデオカメラのようなものがあります。

どちらかというとWEBカメラは後者のビデオカメラに近いと思います。ただしパソコンにつないでいれば、写真を撮ることもできてしまいます。

つまり、WEBカメラとは、インターネット用のビデオカメラを意味しています。

あなたのパソコンにWEBカメラをつなぐと、あなた自身の映像をインターネット上に配信することができるようになります。

パソコンにつなぐといってもむずかしく考える必要はありません。WindowsXPを使っているなら、たったひとつのケーブルをパソコンに差し込むだけで、使うことができるようになります。

USB

接続するケーブルはUSBという形式が主流になっています。USBとは上の写真のようなひらべったい長方形の端子のことです。

このようにパソコンとUSBケーブルで接続するため、USBカメラとよばれることもあります。

さらに、テレビ電話用のフリーソフトをパソコンにインストールすると、お孫さんのWEBカメラの映像をみたり、自分のWEBカメラの映像をみせたりすることができるようになります。